もみの木の家

もみの木とは? What is a fir tree

木造住宅の写真

クリスマスツリーとしてもよく知られているもみの木。もみはマツ科の常緑針葉樹です。寒い北の国で内部に熱や力を蓄え外界の刺激から身を守り、冬でも葉を落とさない姿から、
永遠の生命を象徴するものとして崇拝の対象とされてきました。
そんなもみの木の恵みを最大限に生かした住まいをご提案します。

木造住宅の写真


もみの木の内装材が注目を集める大きな理由は、もみの木が半永久的に放散する「フィトンチッド」という物質にあります。
フィトンチッドは樹木が放散するさまざまな揮発性物質の総称で、害虫の忌避作用や抗菌・抗カビ作用などを持つものです。
自ら移動したり攻撃したりすることができない樹木が、外敵から身を守るために備えた防御システムといえます。材木に加工されたとしても、フィトンチッドは半永久的に放出されます。
自然の力で澄んだ空気で、長年生活していくことができるため、私たち人間にとって非常に心地よい生活を営むことができます。

もみの木の効果とは? Fir tree effect

木造住宅の写真


もみの木が放散するフィトンチッドは空気中のホルムアルデヒドを分解する効果があります。
また、静電気も発生しないので埃が浮遊しません。家の中を漂う有害な化学物質を分解し、空気を清浄に保ってくれるので花粉症、アレルギーの方は症状が軽減されたという声も多くの方から寄せられています。

木造住宅の写真


フィトンチッドにはテルペンという香り成分も含まれており、森の中にいるような香りがほんのりと漂い、リラックス効果抜群です。
フィトンチッドは空気中に漂うニオイを分解してくれるので、内装材に使用する事で気になる生活臭の軽減が期待できます。

木造住宅の写真


フィトンチッドはもともと樹木が害虫や細菌などから自分を守るために分泌する物質でありこれはつまり「虫が住み着きにくく、菌類を繁殖させにくい家にできる」ということ。
ダニ・ゴキブリなどの害虫や、カビなどの菌類が発生しにくい環境づくりが可能です。
またもみの木は、自然乾燥から建材となるので結露に強く冬はあたたかく夏はサラサラといった、気持ちのいい肌触りで快適に暮らせます。